夜空を見よう!約70年振りに来るスーパームーンを見逃すな!

2016年11月14日は大きな満月『スーパームーン』が見られるそうです。そして驚きなのが、地球に大接近するのがなんと約70年振りという事。70年振りに来るスーパームーンを見逃してしまうと、次回の2034年11月25日まで見れません。スーパームーンの存在を今まで知らなかった人でも是非この機会に夜空を見上げてましょう。

スーパームーンとは何なのか

地球の周りを月が回っていますが、常に一定の距離を保っているわけではありません。楕円軌道なので、約35万kmから約40万kmの距離を保ちグルグルと回っています。そして、軌道上でより地球に近づき、尚且つ満月もしくは新月になる時を『スーパームーン』と呼んでいます。

%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%b33

 

満月のスーパームーンは年に1回程度は観察ができるのですが、地球と月の位置関係によっては数回観察ができる事もあり、2014年は何回も観測ができました。

 

70年振りのスーパームーンは見もの

11月14日のスーパームーンは70年振りとなる巨大な月を観察できます。巨大と言っても月なのでピンと来ないかもしれませんが、当日の月は普段の14%も大きくなるそうです。そして、月が大きくなるので明るさも普段の30%程度明るくなります。スーパームーンは明るい月が見れると思われがちですが、月の明るさは大気の条件を優先してしまうため、肉眼で明るさを確認するのは難しいそうです。それでも普段よりも巨大化された月を70年振りに見る事ができるのですから、絶対に見てみたいですね。

流星群や星座の観察と違って月の観察は道具など要りません。空を見上げれば誰でも簡単に月を見つけられるはずです。11月14日の当日は、23時頃が最も大きく見れる瞬間なので、せっかく巨大な月を見れるチャンスですし、時間を作って空を見上げてみては?もし見逃してしまうと、これほどのスーパームーンは18年後までおあずけですよ。

 

過去のスーパームーンもすごい

年に1回程度は見れるスーパームーンですが、過去のスーパームーンはどうだったのか紹介します。

【1】 中国のスーパームーン

%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%b34

【2】 ニューヨークのスーパームーン

%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%b35

【3】 モンサラズ

%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%b38

【4】 Instagramのスーパームーン

 

70年振りに急接近する月をInstagramに投稿してみてもいいかもしれませんね。同じ空を見ている人がきっと共感してくれるはずです。

 

コメントを残す

Recommend
No articles