ビジネスクラスの利用者は意外にも低取得者が多い

海外旅行に行くとき、日本からは飛行機に乗って旅行に行く方法が一般的ですが、飛行機に乗ると考えたとき、大抵の人は飛行機の座席=エコノミークラスと思いつきます。それこそ、贅沢な旅行を考えている人は、ビジネスクラスやファーストクラスで優雅に旅行を楽しみたいと考えるでしょう。ですが、ツアー旅行や個人旅行でもコストを抑えるとなると、座席はエコノミークラスと真っ先に思い浮かべてしまいます。

ビジネスクラスのイメージは座席が広いが料金が高い、料理もそれなりのコース料理が出てくるなど、ビジネスクラスに乗ったことがない人でもある程度想像がつき、一般人には手の届かない存在にも思えてしまいます。

しかし、旅行サイトのエクスペディアが600名を対象にビジネスクラスに関する調査をしたところ意外な結果が見えてきました。

 

初めてビジネスクラスを利用した年齢は?

初めてビジネスクラスを利用した年齢は意外にも若く10代、20代が全体の半数を占めていました。そして、その中でも断トツに利用年齢が高かった20代は42%にもなる結果となったのです。

d3373-126-498848-6

正直、10代や20代でビジネスクラスを利用して、旅行に行くなんて考えたことなかったです。若い頃、両親に連れられて旅行に行ってもエコノミークラスでしたし、ビジネスクラスには自分が稼いだお金でいずれ乗ろうと夢を抱く程度でしたから。それが、今の若者や未成年者はもうビジネスクラスを経験済みだったりするわけです。表を見るとわかりますが、出張に次いで、家族旅行と恋人や夫婦での旅行が、そして友人との旅行でもビジネスクラスを利用する人がいるのには驚きです。さらには、修学旅行でビジネスクラスを利用したという人が全体の1%もいます。修学旅行でビジネスクラスを利用するって、どんだけ金持ち学校に行ってたのやら・・・。それに、ビジネスクラスは座席数がエコノミークラスに比べて少ないですから、修学旅行ともなると1機では生徒全員が乗り切らないのでは?と余計な事を考えてしまいます。

 

ビジネスクラス利用者の気になる年収

ビジネスクラスを利用したことがある人の割合は全体の21%となっています。そして、驚くことにビジネスクラスを利用したことがある21%の半数以上が年収500万円以下という結果だったのです。ビジネスクラスの利用者は、高所得者のイメージが強いですが、逆の低所得者が半数を占めているとはビックリですね。

d3373-126-683535-0

2015年の国民の平均年収は415万円だったそうですが、平均年収程度だった人がビジネスクラスを利用し、高取得者は一部の人しかビジネスクラスを利用していません。私も旅行が好きなので、年に数回は飛行機に乗りますが、確かにビジネスクラスの利用者はひとり旅の人や見た目もセレブとは呼べない至って普通の人が座っている気がします。(失礼ですね)

ビジネスクラスを利用しない人の理由は、やはり価格がネックみたいですね。

d3373-126-782002-8

エコノミークラスと大して変わらない価格であればビジネスクラスも視野に入れますが、私自身もたった数時間座席に座っているだけなのに数十万も払いたくないですし、同じお金を払うならお土産や観光にお金を使う方がいいのでは、と考えてしまいます。お金の使い道は人それぞれですが、今回のエクスペディアの調査によってビジネスクラス利用者が必ずしもお金持ちでないのはわかりました。今後飛行機に乗るときは、どんな人がビジネスクラスを利用しているのか気になってつい見てしまいそうです。

コメントを残す